おせち料理の知識

本来のおせちの意味を知る

トップ / 本来のおせちの意味を知る

物産展についての情報

一年の計と願いを込めたおせち

おせちは本来、大晦日から元旦にかけて年越しのための料理でした。御節と称するのも、年の区切り節句を祝う表れです。料理の一品一品には一年を祝うと共に様々な願いが込められています。また習慣として、かまどを休ませるの意味もあります。古来、身近なモノにも魂が宿るとして畏敬の念を抱き、かまどには火の神様が宿るとされ、正月の3日間は休ませるといった習慣もそこにはあります。地域によっても特色があり、五穀豊穣・子孫繁栄・長寿健康・立身出世など様々な願いをおせち料理にこめてきたのです。